女性から意識させるきっかけを作ろう

結婚を意識

結婚を意識するタイミング

男性が結婚を意識するきっかけというのはいつになるのでしょうか。
いくつかタイプがあるようなのでご紹介をしていきましょう。

結婚式や雑誌のCMを見る

テレビCMをみたことで意識することがあるようです。
特に付き合いの長いカップルは結婚しようと言う流れに持っていきにくいことがあり、これがきっかけになったなんてことを調べていると出てきますね。
同じ広告系でのエピソードとしてこんなパターンも。
長く付き合っているけどいつ出来るかわからないというカップル。
彼女が結婚情報雑誌を彼の見えるところ(使用しているテーブルの上など)に置いといたら彼がプロポーズしてくれたということもあるようです。

家庭的な所を感じて

同棲していると洗濯はもちろん、料理・掃除もしなければなりません。
さり気無くやっていることで今度も一緒にいたいと考えることもあります。
料理なら手際よくやっている。男性が作っている時に女性が準備の手伝いをしてくれる。
料理が苦手な人でも一生懸命やっているところに惹かれますよね。
洗濯であれば、シャツのエリ汚れを液体洗剤つけてから洗濯機に入れていた。
など結構小さいことではありますが、その家庭的な様子を男性はしっかりと見ているのです。
家庭的な所をみて今後も一緒にいたいと意識するようです。

転勤や単身赴任

決断の時でもある転勤。
この時に決めないと相手と疎遠になり関係が終わってしまうということがよくあります。
遠距離恋愛の成功率は著しく低いです。
転勤先で好意を持ってくれた異性と付き合うという傾向がありますが、その理由は「単純接触の効果」が影響しています。
人間は近く(転勤先)にいる異性と何度も会っていると次第にそちらに心変わりをしてくるという心理があります。
よほどの事が無い限り遠距離からの結婚は難しいでそう。
将来を考えるきっかけになるのは男女共に多いです。

女性の生理が遅れる

要はできちゃった婚ですね。
結婚を意識していない男性もこれがきっかけで責任を取るということもあり動いてくれるでしょう。
「子供が出来たので結婚します」と言うのは理にかなっているのではないでしょうか。
実際に遅れたかどうかについては触れなくても、これが最近増えているパターンでしょう。

経済面で余裕が出てきた

彼女と将来を考えているけど、貯金や収入が安定していないために踏み切れなかったということも多いです。
社会人経験も長くなるにつれて経済的にも余裕が出たからと事前に準備をしてからプロポーズなどのなにかしらアクションを起こす方もいます。
経済面で不安があると動けないこともありますからね。

近年の傾向

【勢い】というのも多数ありますが、その過程は様々ありすぎて説明が難しいため今回は除外させていただきます。
彼女の生理が遅れて・・・と言うのはできればさけたいですが、彼に結婚を認識させる一点を考えると効果は絶大そうです。
こうしてそれぞれを見てみると、ほとんど男性から動くということが少なくなっている印象がありますね。
結果的に女性の方からきっかけを与えているケースが多いようです。