長年の同棲から結婚するには③

浮気

同棲と結婚の違いとは

たとえば、多忙な日々で生活リズムが異なり、なかなか会えない二人が一緒にすめば、朝と夜はいつも会える環境を整えることができます。
さらに、お互いが余裕があるときに家事をしてあげたりすれば、いいリズムで生活を回すことができます。
ここまで来ると結婚している状態とあまり変わりませんが…。
では、同棲している、していないかかわらず、長年付き合っているのに、結婚までに至らなかった人たちがいますが何が原因だったのでしょうか。

付き合う意味の認識違い

一つは、長年付き合っている意味がお互いに違っていたことを認識したパターンです。
交際6年目で彼女としてはそろそろ結婚したいと考えているのに中々きり出さない彼氏。
「タイミングが来たらちゃんと俺から伝えるよ」と心強い言葉を聞いてから、もう何年たったか。
もう我慢できないと聞いてみたら、「経済的にやしなえる自信がまだない」とのこと。
振り返ってみると遊びや無駄な雑費にお金が出て行く傾向があり、直そうとしているのは見えるのですが通帳の残金は増えた試しはありませんでした。
つまり、自分の今の生活に踏ん切りがつかず、ここまでズルズルきてしまった上で6年間経ったようです。
このままでは、結婚できずに年をとってしまうと、愛想をつかして別れるそうです。

浮気の原因とは

2つ目は浮気です。
さきほど書いた通り、お互い空気のようで必要不可欠な存在でいることは、安心して一緒にいるためにとても大切なことです。
しかし、その安定が「ちょっとくらいなら遊んでもいいだろう」と心に隙を作り、間違いに繋がる傾向があるそうです。
付き合っている二人は一生を共にしていくため、大事な約束を破って裏切るようであれば「こんな人とは一緒にいられない」と別れを選択することが多いようです。
この二人の関係の時の浮気はいろいろな意味を持ちます。
一つ目は、一緒にいる間も素振りもみせず一定期間騙し続けいたということでの信頼問題、さらにそれを続けていられる人格問題などなど。
これらは、ゆくゆく生まれてくる子供たちにも悪影響を及ぼすのではと考えは派生します。
結婚前のお付き合いはお互いの見極めもあるし、信頼関係の構築期間でもあります。
結婚をすれば、二人で多くの困難を乗り越えていかなければなりません。
その時、どちらも万全の状態であれば問題ないですが、どちらかが弱っていて頼らなければいけない状態では、どれだけ信頼できるかがポイントになってきます。
過ちは一過性のものかもしれませんが、二人の関係の様々ば部分に影響していきます。
普通に「遊ぶ」ことはもちろん必要ですが、度を越さずに節度を持つことが重要のようです。