マリッジブルーの対処法

マリッジブルー

なぜ起こる?マリッジブルー

多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか、「マリッジブルー」という言葉。
マリッジブルーとは、結婚前に結婚をすることに対する不安や不満が出てくることです。
ひどい場合は、これがきっかけで婚約破棄になってしまったり、結婚後の夫婦関係にも影響を及ぼしてしまったりすることもあります。

このマリッジブルーは、多くの場合は結婚式を目前にした忙しさの中で、相手に対する不満が溜まっていくことで起こります。
男性が結婚式準備を全く手伝ってくれないために、女性側がマリッジブルーになるというパターンが最も多いようです。
これ以外にも、結婚前に相手の両親との関係に悩んでしまったり、実家を離れることが寂しくなったりと、色々な原因があるようです。

男性もマリッジブルーに

女性特有のものだと思われがちなマリッジブルーですが、実は男性にもよく起こります。
結婚式準備の中で喧嘩になってしまい、本当にこの相手で良かったのかという迷い。

これから世帯主となって、一家を支えていかなくてはならないというプレッシャーに耐えきれなくなる。
独身のときのように、やりたいことを自由にやれなくなる。
こういったことから、結婚自体に迷いや不安を感じるようになり、マリッジブルーになる男性が出てくるようです。

マリッジブルーにならないために

マリッジブルーにならないようにするためには、とにかく2人でよく話し合うということです。
結婚式の準備の負担に対する不満や、不安などを2人できちんと言葉に出して話し合うことで、お互いに溜めこまずに済むのでスッキリします。
意外と言ってしまえばスッキリするということも少なくありません。

また、忙しい中では難しいかもしれませんが、2人で準備を忘れてデートをする日を1日や半日だけ作るなど、気分転換することも大切です。
今は、カップルで行けるブライダルエステがありますから、そういったところでデートすれば、2人で一緒にいられるうえに、結婚式に向けて綺麗になることもできて一石二鳥ですよ。

マリッジブルーの解消方法

もしもマリッジブルーになってしまったら、まずは相手に自分の不安な思いや気持ちを伝えることが大切です。
言葉で言えなければ、手紙など文章にしても良いでしょう。
気持ちをひとりで溜めこんではいけません。

気の置けない友達や、自分の母親などに話を聞いてもらうのも良いでしょう。
具体的なアドバイスを得られなくても、話を聞いてもらうだけでも随分と違うものです。

マリッジブルーは多くのカップルが経験しています。
しかし、それによって婚約破棄になったりと、重大なことになってしまうカップルは、実は1割ほどしかいないと言われています。
誰もが通る道なのだと、楽観的に考えるようにすると良いですね。