結婚にかかる費用は?

費用

結婚するときに必要なお金は何がある?

大切な人と、夢みる結婚。
結婚というものに大きな憧れを抱いているというカップルも少なくないのではないでしょうか。
しかし、いざ結婚を目前にしてみると気になってくるのが、結婚するにあたってどれくらいの費用が必要になってくるのかということです。

結婚式を挙げるとなると、会場費用だけでなく、ドレス代やエステ代、招待客へのお車代など、色々なところに費用がかかってきます。
また、別々の暮らしをしていた2人が一緒になり、新しい生活を送っていくということは、新しく必要なものが出てきます。

新婚旅行に行くとなると、そちらにもかかる費用が出てくるでしょう。
具体的に、どのような費用が必要になってくるのか、そのポイントをご紹介しましょう。

新生活を送るために必要なお金

まず、結婚するにあたって必要なのは、新生活を始めていくために必要なお金です。
最初から同棲していた2人が結婚し、その場所にそのまま住むのであれば、特に大きな出費は必要ありません。
しかし、別々の場所で暮らしていた2人が新居に引越して暮らすとなると、様々なものが必要となってきます。

新しくアパートを借りるのであれば、そこにかかる敷金礼金や引っ越し代金。
家具家電を新調するのであれば、その費用。

食器や調理器具、日用品など、ちょっとしたものであっても、すべてをいちから揃えるとなると大きな金額になってきます。
こだわりなどにもよりますが、すべていちから揃えるのであれば100~130万円は見積もっておいたほうが良いでしょう。

結婚式を挙げるために必要なお金

最も気になるのが、結婚式にどれくらいの費用がかかるのかどうかではないでしょうか。
結婚式は、会場や招待人数によっても費用が異なってきます。
しかし、一般的に招待客1人あたりにつき、3万円ほどのお祝儀がもらえますので、招待客にかかる食事代や引き出物代は、そこから捻出すれば良いと考えられます。

つまり新郎新婦が負担するのが、会場代や挙式費用、衣装代、写真・ビデオ代、演出費用といったものです。
こういったものは、すべて結婚式場のパックプランに入っている場合もあれば、オプションでプラスになる場合もあります。
また、マリッジリングや遠方から来た方へのお車代、受付や余興をお願いした方へのお礼なども別途必要となります。

花嫁の場合、ここにプラスしてブライダルエステなどの費用もかかってきます。
一生に一度、後悔のないように美しい姿で当日を迎えられるように、何か月か前から通うという場合と、前日に駆け込みで行くという場合とで大きく費用も異なりますが、自身が納得できるような形で利用すれば良いでしょう。

60人前後招待する結婚式にかかる費用は、おおよそ300~350万円が平均であると言われています。
ここからお祝儀の金額を差し引いた分が、自分たちの負担額になります。

新婚旅行に必要なお金

新婚旅行に行くという場合は、またこちらでもお金が必要となります。
行き先やシーズンによっても異なりますが、定番のハワイなどであればお土産代も含めて50~60万円が平均とされています。
パッケージプランなど、上手に活用することで安くできる場合もありますから、色々調べておくと安心ですね。